ホーム » 未分類 » 食品の安全と訴訟・・・和解

食品の安全と訴訟・・・和解

LAの友人から電話あり帰国中だという。久しぶりに日本橋人形町で会った。彼は大手食品会社の現地駐在員として1985年に渡米、アメリカ人を相手に豆腐を販売するという途方もないビジネスを始めた。途方もない、と書いたのは当時のアメリカで日本(韓国、中国にもあるが)の豆腐なんて誰も知らない食品である。大豆はアメリカ人が「嫌い」な食品第一位で、「あれは家畜の餌」程度の認識しかなかった。しかし企業者とはいつでも事業の拡大を意識しているのだ。30数年前にすでに日本食をアメリカ市場で販売したい、という意図を抱いていた。海外販売を真剣に考える経営者がいたのである。成功すれば市場の規模は一挙に拡大する。

しかし豆腐と言う食品には難問がある。腐り易いのだ。腐らない豆腐を開発せよ、よいう課題を与えられ、研究開発した結果、豆腐を真空パックで5重に包み、内部を真空状態にして豆腐の腐敗を防いだ。腐らない豆腐が完成して、いざ売り出そうというところで「政治」にぶつかった。

大企業は中小零細企業のビジネスに参入してはならないという法律が国会を通った。日本共産党が主導した立法だという。大手食品メーカーだった彼の会社は豆腐のような零細ビジネスに手を出したらいかん、という。腐らない豆腐は日本で売れないことになった。プロジェクトのメンバーはいろいろ調査した。

当時、中近東の石油企業が事業を拡大し、中国や韓国から出稼ぎ労働者が数十万人に膨れ上がっている、という情報があり、彼らは豆腐を好む。チャンスだ、と彼は砂漠の国々に豆腐を売りに出かけた。確かに現地の中国人や韓国人には好評で、飛ぶように売れた。だが石油ビジネスもオイルショックでビジネスに陰りが出て、アジア人労働者は減少し始めた。そこで目を付けたのがアメリカだったという。

周知のとおり豆腐は大豆でできており、大豆たんぱくが健康にいいことは知られていた。「健康食」をキャッチフレーズに売り出そうと彼はLAXに降り立ったのである。

なぜ彼の話を始めたかというと健康と病気は日々、食べるものと直接関係する。取り分けガン患者は食品に留意する必要がある、食べ物でガンが治ったという話もある。豆腐は健康食、身体にいいのである。

彼は本社から輸入から輸入した真空パックの腐らない豆腐を大々的に売り出した。なにしろテレビで宣伝も始めたのである。ハリウッドの俳優、パット・モリタをキャラクターに「フレッシュ豆腐」を宣伝に販売を始めた途端、訴えられた。「新鮮」とはインチキだ、と。

それでも彼は毎週末、日本食マーケットに前掛けして出かけ、夫人や子供まで動員して豆腐を売りまくった。そのころ、政権は民主党のビル・クリントン大統領で、ヒラリー夫人が「豆腐は健康にいいわよ。いつもビルに食べさせているの」と」ラジオで発言したのを聴いた彼はホワイトハウスに豆腐を贈った。

後日、彼は「ミスター・トーフ」と呼ばれ、自認もした。マイカーのナンバーも「TOFU1」とした。20年後、豆腐は健康食として米国市場に受け入れられポートランドに工場を建て、現地生産するほど成功した。アメリカで「TOFU」は英語となった。今や誰一人知らない者はいないだろう。

久しぶりに人形町の北海道料理店で会い、旧交を温めた。小さな成功だろうが、彼は農水大臣賞を受賞、名古屋の私立大学の客員教授に迎えられ、全国から講演依頼が来ている。

1941年樺太生まれ、ぼくと同年。敗戦で引き揚げ、北海道足寄町で育った。学校教員の次男である。足寄と言えば寒い北海道でも一番冷える十勝平野の真ん中に位置し、帯広市と阿寒湖の中間にあるだだっ広い町だ。ビート、ジャガイモ、大豆、トウモロコシなどを生産しているが、衆議院議員の鈴木宗男や歌手の松山千春が出たことでも知られる。

本ブログで以前、足寄にドライヴしたことを書いたのだが、彼の故郷を訪ねてみたかったからだ。言うまでもなく彼はぼくのテレビ番組のスポンサーになってくれた。

その彼が豆腐の生産・販売を定年退職、兄弟がLAで始めたコンニャクを生産、販売する会社に移ったが・・・。食品の安全問題で訴えられた。(以下、次回につづく)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

北岡和義事務所

東京都在住

E-mail: kazuyoshi.kitaoka@gmail.com

2020年7月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント