ホーム » 未分類 » 湘南から東京・深川へ

湘南から東京・深川へ

長期戦覚悟で、大阪へ通っています。隔週、茅ヶ崎~大阪、新幹線通院です。以前にも書きましたが、ぼくはことし喜寿。親父は喜寿の祝いを正月に家族一同集まってやったらその月末に亡くなりました。
この歳になって大変なことになった、と思いながらも一方で「いい経験だ」との思いもあります。ジャーナリストだからこそでしょうね。そしてガンが発見されてこの1年、集中的に新しい情報がどっと流れ込んできました。新しい人脈も増えました。ガンのお陰です。
20日、CTとMRIを撮り21日定期検査・健診で、ガン腫瘍マーカーはちょっぴり上がりました。主治医も判断できかねるようで、ガン細胞は消えていないモノがあるようです。抗ガン剤は飲み続けていますが、年末年始は休薬にしていただこうと話しました。
ぼくが受けている治験治療は「抗がん剤+免疫ポイント阻害剤(点滴)」というダブルでガンに対処している世界でも例のない試みです。劇的にガンが消えた例が30%くらいで、まったく効かない患者が7割だそうです。
ぼくの場合、その30%に入っているようでしかも短期間でガンが劇的に消え(未だ一部体内に残っているが・・・)、「記録破りだ」と主治医は語っていました。
昨年12月9日、茅ヶ崎市の病院でガンが見つかった時、「ステージ4」、末期ガンと言われ、放っておけば「余命3か月から6か月」(後日、「ステージ3」と修正されましたが)と言われたわけですからそれが正しければすでに三途の川を渡っていたはず。お陰で年は越せそうです。
免疫療法は、まさにノーベル賞を受賞された本庶佑先生が発見された「PD-F」を阻害する新薬で、小野薬品の「オプジーボ」ではなく、アメリカのファイザーが開発した免疫ポイント阻害剤。いま話題の小野薬品が開発した「オプジーボ」ではなく、アメリカの製薬会社が開発した新しい阻害剤です。
抗ガン剤の投薬と免疫ポイント阻害剤の両方を同時に試みているのは珍しく、「全世界」がその効果を息をつめて見守っているそうです。マスコミは「オプジーボ」を「奇跡の新薬」と大げさに報道していますが、実際には肝臓ガンに「効く」患者は30%くらいと限定的で、幸いぼくはその中に入っています。
毎日新聞が11月6日夕刊で「オプジーボの実力は?」という見出しで1面から2面にかけて特集しています。「ノーベル賞で注目 オプジーボは夢の薬か」「がんの効果限定的」とあるように”夢の薬”は限定的、というのが正しいようです。
ぼくはこの記事を宿泊した鶴橋のビジネス・ホテルで読んだのですが、詳しく報じているので、それを主治医に見せると彼は「この記事が正しい」と言いました。
抗ガン剤の副作用はなかなか厄介で、その日の身体の具合によって違いますが、何と言っても食事が不味く、食べたくない。ということで痩せています。
でもご心配なく。ぼくは元気です。12月3日湘南から東京・下町に引っ越します。息子の一家のマンションの隣りの駅から歩いて7~8分、東京駅からバスで20数分です。地下鉄なら10分。洲崎という遊郭のあった跡が安いアパートになり今はマンション乱立の都心に近い深川です。気楽な居酒屋を見つけました。お立ち寄りください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

北岡和義事務所

神奈川県茅ケ崎市在住

E-mail: kazuyoshi.kitaoka@gmail.com

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント