ホーム » 未分類 » 体調回復、ほぼ日常生活復帰

体調回復、ほぼ日常生活復帰

塞栓手術を受け、術後管理も万全で12月9日、無事、退院できた。体重はついに50キロを切り49.7キロまで痩せた。朝、顔を洗い、手ぬぐいで顔を拭うとまるで骸骨を拭いているような感触だ。でも体調は順調に回復している。今朝12月20日は51.8キロまで回復していた。

退院する時、着てきたウインドウ・ブレーカーを新幹線の棚に忘れ、寒さを防ぐ方途を失った。と、若い担当医師が黒いガウンを持ってきてくれた。サイズが合わないから着て行っていい、という。恐縮した。ホームで電車待ちの時、役立った。それから前回、病院食を「患者の餌」と失礼なことを書いてしまったが、申し訳ない。賄いさんが気を使ってくれていることを敢えて書き加えたい。

12月7日、大雪の日、手書き、イラスト入りのメッセージでご馳走を出してくれた。<12月7日は『大雪』といい、日に日に寒さが増し、山岳だけでなく、平野にも雪が降る寒い時期のことをいいます。全国的に冬一色になり、様々な動物が冬眠に入るのもこの頃と言われています。大阪では、雪が積もることは滅多にありませんが、子供のころに雪が降ると嬉しくて、雪空の下で遊んだことを思い出します。現在では積雪による交通被害に悩まされることもありますが、雪が降ると本格的な冬の到来を実感いたします>というメッセージ。以下、食べ物のひとつ大根の栄養について解説。(栄養部からのメッセージ)

嬉しくなってご紹介した。確かに病院食は味気ないが、作る方はご苦労を重ねていることがよく理解できる。「餌」なんて言ってゴメンナサイ。

体力は回復気味、食事も通常のように食べている。味も分かる。新年6日、CTを撮るのが楽しみだ。それにしても「令和元年」はぼくにとって最悪の年となった。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

北岡和義事務所

東京都在住

E-mail: kazuyoshi.kitaoka@gmail.com

2020年7月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント