ホーム » 未分類 » お盆に大阪通院、抗ガン剤復薬

お盆に大阪通院、抗ガン剤復薬

大型台風が盆にやって来るというので、「のぞみ」の指定席と往復切符を早めに買った。お盆と年末年始はジパング・クラブの優待パスが使えないので、フルチャージ。東京~新大阪、初めて31,000払った。それにホテル代が6,500円。

地下鉄や南海電車代など約4,0000円が1回の通院代である。高齢時代を迎え、お盆に大阪の東南端の大学病院に通うのがぼくの最低の義務と言う、妙な生活が続いている。すでに1年7か月が過ぎた。一度は消えかかったガンは再生し始めた。

工藤正俊教授は丁寧に病状を説明してくださるけど専門知識のないぼくにはガンが良くなっているのか、悪化しているのか、判断つかない。どうやら目前の死、というような危機状況ではないらしい。現在の治験治療を続けざるを得ない。

抗ガン剤を復薬したことで副作用が確実に出て、食欲がまったく無い。また痩せるだろう。のどのかすれも以前より酷いようだ。下痢が激しい。仕方なく下痢止め薬を飲み始めた。27日にCT撮影が予定されているが、さて、その結果如何?


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

北岡和義事務所

東京都在住

E-mail: kazuyoshi.kitaoka@gmail.com

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント